知っていますか?カード会社の金利はいくら掛かるの?

クレジットカードのキャッシングの金利は高め

冠婚葬祭等のお付き合いで、突発的にお金が必要になることもあります。カードローンの中には即日借入が可能になる場合もありますが、時間帯によっては難しいこともあります。クレジットカードにキャッシング枠が設定されていれば、最寄りのコンビニ等のATMからすぐに借入ができるので、助かることもあるでしょう。
しかし、クレジットカードのキャッシングの金利は総じて15%~18%程度の所が多く、金利は高めになります。金利に幅があるのは審査によって決定されるためで、利用限度枠が高いほど低く優遇されます。ほとんどの方は、収入証明書類が不要な50万円までのキャッシング枠を選択すると考えられますし、ショッピング利用額の中にキャッシング枠が設けられるので、借入限度額が低めになりがちです。上限金利の18%前後が適用されることが多いでしょう。

なるべくかかる金利を抑えるには

クレジットカード会社のキャッシングを利用する場合は、必要最小限にとどめ、翌月に1回払いで返済するのが望ましいです。年利が18%だった場合、元金10万円を借入して翌月に全額支払うと、日割り計算で約1500円程度の利息で済みます。返済日より前に返せば、日割りで利息が計算されるので、もっと利息を抑えられるでしょう。
1年では18000円の利息と考える方が多いですが、大きな間違いです。キャッシングの返済を1回で支払うのが難しい場合、リボ払いが適用されるので、元金だけでなく利用残高にも金利がかかります。支払う利息が大幅に増える可能性があるので、早めの支払いを心がけて支払期間の短縮をすることが必須です。
カード会社では、リボ払いの残高を随時返済や増額返済をして、元金部分の支払いができるので、ATMを利用したり、月々の引き落とし金額を増額手続きしたりしてできるだけ残高を減らすようにするといいでしょう。

© Copyright Card Purchases. All Rights Reserved.